ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵−武者たちの物語
2022.7.2-8.28 静岡市美術館
2022.9.10-11.20 兵庫県立美術館
NEWS
TWITTER
HEROES展を動画でご紹介
ナレーションは声優の小西克幸さんです!
いざ、武者たちの物語の世界へ

武者絵は『平家物語』のような軍記物語や武勇伝説に登場する英雄ヒーロー を描いた絵画です。

浮世絵の祖と言われる菱川師宣の時代から、江戸後期の歌川国芳、明治期の月岡芳年にいたるまで、 多くの浮世絵師が武者絵を手掛けました。

源頼光、源義経、上杉謙信、武田信玄などの武将のほか、スサノオノミコトの武勇、
巴御前のような女武者の奮戦も描かれています。

武者絵は伝統的に描き継がれたことで、時代を越えて広く親しまれていました。

本展覧会では、世界最高水準の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から厳選した刀剣と武者絵率100%の浮世絵版画、そして武者絵と共通のイメージがデザインされた刀剣のつばを通じて、さまざまなヒーローたちの活躍をご紹介します。また、武者絵の世界をよりわかりやすくご紹介するため、国内コレクションからも刀剣、浮世絵を特別出品します。

本展を通じて、古来多くの人に愛されてきた武者絵の世界が、皆様により親しみやすいものになれば幸いです。

「土蜘蛛退治図鐔 銘 松涛軒吾竹貞勝」 明治時代(19世紀)
Charles Goddard Weld Collection

Pick Up! 武者たちの物語 Pick Up! 武者たちの物語 Pick Up! 武者たちの物語

歌川国芳 「源頼光の四天王土蜘退治之図」 天保10-11年(1839-40)頃
William Sturgis Bigelow Collection

土蜘蛛退治

STORY

ある晩、源頼光が床に就いていると、怪僧が現れ、蜘蛛の糸を投げかける!
頼光は枕元の太刀「膝丸」で斬りつける!!
頼光の家臣たちが血の跡をたどっていくと・・・・・

続きは展覧会会場で!
ボストン美術館から半世紀ぶりに名刀が多数里帰り! ボストン美術館から半世紀ぶりに名刀が多数里帰り! ボストン美術館から半世紀ぶりに名刀が多数里帰り!

「太刀 銘 備州長船住兼光」 鎌倉時代(14世紀) Charles Goddard Weld Collection

「金梨子地家紋散糸巻太刀拵」 江戸時代(17世紀) Charles Goddard Weld Collection

ここまでの作品全て Photographs © Museum of Fine Arts, Boston

膝丸、蜘蛛切、薄緑など様々な名前を持つ源氏の重宝「刀 折返銘 長円
(薄緑)」

[平安時代(12世紀) 個人蔵 *東京会場、兵庫会場のみ出品]をはじめ

国内の名刀も
特別出品!

*特別出品作は各会場で異なります。

2022.7.2-8.28 静岡市美術館

〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
Shizuoka City Museum of Art

会場HP
会場地図

2022.9.10-11.20 兵庫県立美術館

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1−1[HAT神戸内]
Hyogo Prefectural Museum of Art

会場HP
会場地図
  • ご来館の皆さまへのお願い

    マスクの着用にご協力をお願いします。

    展示室の床は靴音が響きやすいので、柔らかい、あるいは平らな靴底の履物をお勧めいたします。

    新型コロナウイルス感染症の状況により、開催内容に変更が生じる場合があります。

Page Top