HIGHLIGHT 見どころ

1
江戸の庶民の心をとらえた武者絵の世界をご紹介

江戸時代、北斎の「風景画」や歌麿の「美人画」、 写楽の「役者絵」などと並び、庶民の人気を博した「武者絵」の世界を、世界屈指の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の浮世絵・刀剣・つばで紐解く初めての試みの展覧会です。

歌川国芳 「小子部栖軽豊浦里捕雷」(部分)
天保5〜6年(1834–35)頃
Bequest of Maxim Karolik

2
武者絵110点全点初出展!

約5万点の浮世絵版画コレクションから、 菱川師宣、勝川派、歌川国貞、歌川国芳、月岡芳年などの 有名絵師が描いた「武者絵」を118点厳選してご紹介します。 すべて日本初出展! 大変保存状態が良いため、摺られた当時の鮮やかな色彩が残っています。

3
武者絵と共通のイメージを持つ鐔を展示

源頼光の「土蜘蛛退治」や、牛若丸と弁慶の「五条橋」など、 武者絵と共通のイメージをもつ鐔27点が出展。 江戸時代の人々が見れば何の話かすぐにわかったという 武者絵の物語のイメージがデザインされた鐔を、 武者絵と並べて展示します。

歌川広重 「英勇五人傑 宮本無三四」(部分)
弘化4〜嘉永元年(1847–48)頃
William Sturgis Bigelow Collection

4
約600口の刀剣から厳選した20口を出展

約600口のコレクションより、平安時代の安綱から江戸時代末期まで、 日本刀の歴史を概観できる作品を20口厳選。 近年新たに寄贈された世界有数の刀剣コレクター、 ウォルター・エイムズ・コンプトン氏のコレクションも出展されます。

5
国内の刀剣も特別出品

膝丸、蜘蛛切、薄緑など様々な名前を持つ 源氏の重宝「刀 折返銘 長円(薄緑)」(個人蔵)や、 上杉謙信の愛刀「太刀 銘 長船 長光 文永十一年十月廿五日」 (米沢市上杉博物館蔵)など、 武者絵に関連する国内の刀剣も特別出品。

Page Top